« オレンヂフィンカイザー | トップページ | 久しぶりなショコにゃん »

2009年3月11日 (水)

バーチカルが!!

これから意識したディスカスの繁殖に取り組んでいこうかなとか思っているなかでちょっとネット巡回していたら「なるほど」というものが!!

ちなみに意識した繁殖というのは今までは自然にペアができて、その個体を別水槽に移して水質等もさほど気にせず子が取れたらいいな的なかんじだったのですが、水質・水温管理から給餌まで気を配ったうえで繁殖させてみたいなということです。

っと話がちょっとずれてしまいましたが今日見つけたのはバーチカルの消去についてです。
バーチカル、自分は乱れがない限りは逆にディスカスの持ち味というか美しさに繋がるものだと認識しているのですが、バーチカルがディスカスの美しさを低下させているとかんじる人も少なくないようです。

そこで考えられたのが人工的な環境によるバーチカルの消去法になるようです。

では、まずディスカスは何故バーチカルを持ち得たのかということなのですが、要約するとディスカスの危険回避の手段として戦うという手段ではなくカムフラージュを選んだためということのようです。
ワイルド個体は危険に直面した際にバーチカルをより鮮明に表し、流木等に色彩を馴染ませそこにとけ込むようにし身を守っているということですね。

それゆえに多くの世代を経ても、このディスカスの特性は将来の子孫に伝えられる遺伝的な特性となり通常は必ず表れているようです。

しかし、これを消せる驚きの方法があるというわけです。

その方法とは、簡単にいうと光を当てる、これだけのようです。

理論的には小さいうちから強力な人工照明を長時間照射した環境下におくことでディスカスは自身が安全な環境にいると感じるようなんですよね。
そう認識することにより、本来危険を感じるとカムフラージュのために表すバーチカルを出させなくなるというわけです。ストライプを見せることを促進する必要がない条件を作り出してバーチカルを消す、理論からすれば簡単なように思えますが、発見し実証された方はすごいですよね!!

時間が空いたときのネットでの情報収集って有意義ですよね!!

 - ヨウC -

= 今日の1枚 =

命名「ちびっちょ」です。なんかうちに来た人とかがそうよんだりして自然とそうなってましたw

Dscn5506

Dscn5516

|

« オレンヂフィンカイザー | トップページ | 久しぶりなショコにゃん »

01.ディスカス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オレンヂフィンカイザー | トップページ | 久しぶりなショコにゃん »